2017年06月28日

「もっと動け!!」「動きすぎ!!」どっちだよ!?④

この記事でこのシリーズ終わりにしまーす


前回までは、振りが浅いと動くメリットが減る。けど、動ける人のほうがまっすぐなセットでも早くなる方法があるという所まででした

ま、具体的に見せると、これですね

最速でとらえて、踏むのをなるべく一瞬、そしてすぐに走らせる。んですぐ膝を返してとらえて、、、

つまり、上下動をすばやくやる!!特にゲー・ジョウってリズムじゃなくてゲ・ジョーーみたいに動くのが大事だと思う

素早い上下動が使える人はほんとに踏む時間が短い。一瞬の下でたわみを作り、上で板が返ってくる反動だけでポールの中を曲がってくる

実際にポールの中でいえばこんな感じ

踏んで曲がるのではない、踏んでたわみを作りたわみの反動で浮いて曲がってくるのである

つまり、最短距離を加速だけで走ってくることが可能になる。落下によるリリースとキャッチだけの世界

こうなるともう、めちゃくちゃ速い。異次元

alexisとかもうわけわからん。お前ターン前半いつ踏んだよって感じ。R35ですよ?

スラロームはもう少し工夫があるポールにあたる前に走らせはじめ、振りがほんとにまっすぐなら、ポールにあたるときには走らせ終わってるというアプローチが一般的だ

こんな感じで

他の日本人選手と比べてほしい。腰を持ち上げ始めて終わらせるタイミングがめっちゃ速い。そして、ポールにあたった瞬間には膝を返してすぐにとらえている。だから、曲がりすぎないし、踏まなくても加速だけでポールを攻めていける

つまり、上下動を素早くできれば、踏まずにキャッチアンドリリース最高速+最短ラインを実現できるってことなんだと思う。

最近のワールドカップ選手、技術系の選手はこのアプローチを徹底的にやってくる。ほんと踏む時間がすごく短くて、走らせて無理やりもどしてくる。それをあのふり幅で実現してくるから恐ろしい。

今までの話をふまえて、これまでの動け動くなシリーズの動画を見返してみてほしい。本当に素早く、一瞬でたわみをつくって、返りを最大限に引き出してまっすぐ突っ込んでくる。これが、外人が動くアプローチを推し進めた最大の成果だと考えずにはいられない

それでは最後に、これまでのポイントをまとめると

動かなくても、早く滑ることは可能
②下手なうちは動くと逆に遅くなる。でも、ある程度上手くなると動ける選手の方が一気に上手くなる。つまり、動く練習はのびしろを鍛える練習。芽が開くまでは逆効果なんで注意
③ただ、振りの浅いセットでは、動けるメリットは少ない。まっすぐなセットで動きを活かすには素早さが必要不可欠
素早さと動きが合わさると最強になる。確定的に明らか

ってとこですね。
後は自分の環境と目標に合わせてってことですかね。
自分のレベル、出る大会のセット、コーチの方針。そこら辺を踏まえて、どっちをどれぐらい練習するか決めるしかないと思うんすよねー

そうそう、動かないテクニックが主流な競技が世界でもありますよ

ダウンヒルとスーパーGです

、、、うん、俺らスラとGしかやんないのに、なんで動かない主流なんですかね。なんか、微妙な気持ちになりますね

あ、そうそう、なんかこんな動画見つけてほしいとかあったらコメントくださいね。探してみるんで

ではでは~

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)動けvs動くな | 動画

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • 【安藤麻おめでとう!!】女子ワールドカップ開幕戦--二本目を振り返る--
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 内スキーはキレる、、、けども?
  • 内スキーはキレる、、、けども?