2017年06月30日

鬼畜バリトレ「ここまでする?」

なんという制限。うち足とスタンスのためにここまでするか・・・

Stricker_Jaun_Easy_Ball_20.3.13  

ちなみにイタリアの選手もこのバリトレやってるらしいっすね、イタリアとスイスはうち足を傾けて外足と平行にする方向に最近シフトしてきてるしな~



にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 19:00│Comments(2)バリトレ | 動画

この記事へのコメント

1. Posted by かいぞー   2017年07月01日 11:58
面白い動画見つけてきますね。

膝にボールを挟むところまではわかりますが、スキーに付いている不思議なブリッジは初めて見ました。これ、どれくらい拘束力があるのでしょうか?謎です。

すねを平行にすると、膝の曲げ伸ばしが自由に使えるようになるので、荒れた斜面での雪面の追従性もよくなるし、普通の動きも大きくなる、という点では私のレベルでも効果は体感できます。
もうどのレベルの人でもチャレンジしてみる価値があると思います。
2. Posted by yt   2017年07月01日 21:54
コメントありがとうございます~

動画サルベージ能力だけは、かなり自信がありますので笑
これからもこういった動画を見つけていこうと思います!!

自作のブリッジらしいです、コレ。内足を傾けるほかに、下手にスタンスが広がらない足の使い方をするための装備だそうで、練習者が上手いから普通に滑れてますけど、やっぱりかなり滑りづらいみたいですよ^^;こんなに厳しいバリトレで追い込んでたら絶対上手くなりますよね

内足を傾けるかどうかは、意外と国によって違ったりするんすよね。イタリアとかスイスの選手は内足も傾けてパラレルに、スタンスはなるべく一定にってアプローチが主流だけど、他のヨーロッパの国やアメリカは結構内足はあんまり傾けないのが主流みたいなんですよ

内足を平行に傾けると、動きの自由度が増えて、傾きも作れて、インエッジも使えて、踏みが楽になりますよね。また、内足をあまり傾けないようにすると、すぐに切り替えで内足に乗りかえて素早く切り替えを始めることもできます。外向外傾も作りやすく強いエッジングができる

一概にどっちがいいのか、ぼく個人ではよくわかんないってのが正直な感想っす。
どっちのアプローチも、十分魅力的で、、、う~ん、悩ましいっすね
どっちをやっても間違いはないし、チャレンジする価値、間違いなくあると俺も思います

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • 【安藤麻おめでとう!!】女子ワールドカップ開幕戦--二本目を振り返る--
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 内スキーはキレる、、、けども?
  • 内スキーはキレる、、、けども?