テクニック

2017年08月06日

シェーレンってほんとにダメなの?②【三日月型のシュプール】

alexis
シェーレンはほんとにダメなのか?続き!!

以前、ある記事でこんな動画をあげたこと、みなさん覚えてますでしょうか?



外国人のアルペンスキーヤーは、両スキーを平行に進めません

むしろ、外スキーが三日月を描くようにシュプールを描くのです

あ、ずらしてるわけではありませんよ?フルカービングです

こちらのワールドカップスキーヤーのGSを見てみましょう




お判りでしょうか?両スキーが平行な競技スキーヤーなど誰一人いないのです

なぜか?

それはターン前半からスキーをたわませるために外スキーを外側に押し出し、ターン後半は押し出したスキーのたわみを開放することで自動的に走らせてターンさせているからだと思うのです

つまり、重心を下げた結果、伸ばしたまま耐えている外足が外側へ押し出されて、
外スキーに強い圧をかけることができる

そして、それだけ強い圧をかけないと、ワールドカップの硬いアイスバーンを掘ることはできないんですね

こんな動きをしなきゃいけない


1:20ごろからご注目。カナダの選手は、9歳までは膝の返しは使わせず、上下動だけで切り替えさせます。それでもこれだけの傾きを作れるのは重心を下げながら思いっきり外足をターン外側に押し出すことができるから

もちろん、ただ横に押し出すのではありません。後ろから前へ掘りながら押し出すのです

この意識


この足の意識があるから、徐々に外スキーの方が内スキーよりも深回りし、ターンマキシマムでは外スキーの方が内スキーよりも曲がったㇵの字のようなフォルムにつながるのです

そういう視点で世界で活躍している日本人選手を見てください。全然評価がかわります

湯浅直樹-PISRAB-


皆川健太郎フリー(45秒から注目)


佐々木明(わかりづらい方。何せエッジングが鬼短いので)


パラレルターンは、競技ではダメだと思うんです

外足に乗れているだけで、押せてはいないのではないでしょうか?

さて、では改めて疑問が生まれます

「ダメなシェーレンもいっぱいいると思うんだけど?」

います!!結構います!!

僕もです!!爆

不正解なシェーレンと正しいシェーレン、この違いを次回の記事では考えていこうと思います~

今回の記事に関しても、もちろん反対意見とか、個々人それぞれ意見があると思います。

ぜひぜひコメント欄にでも~議論お待ちしてます

ではでは~また今度

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 07:00|PermalinkComments(2)

2017年06月17日

「もっと動け!!」「動きすぎ!!」どっちだよ!?①


ってこと、よくない?俺はしょっちゅうある。
あるコーチの時は、「全然動けてないよ!!もっと動いて!!多少頭の位置ぶれても今はいいから!!」
で、必死こいて体動かす練習して
別のコーチんとこいったら、「無駄な動き多すぎ!!何考えてんの!!板を雪面から動かさないのが一番大事でしょ?」
こーいう時、どーいう顔するのが正しいんでしょうネ
なんともいえない表情の画像をくださいヤッテランネーゼ

結局、動く方がいいのか 動かない方がいいのか

これって、コーチの中でも意見がめっちゃ分かれている内容だと思う。
昔は動くな派が主流だったけど、最近は外人は動いてるぞって話が色んなとこで出てきてて、
どっちがいいのか答えが出てない感じ

今回はこの永遠のテーマである動けvs動くなについて自分なりに考察してみようと思う。

昔はワールドカップでも、こーいう選手が速かった
benjamin raich (おじさん世代の憧れ。ザ・エリートスタープレイヤーな選手。動画の評価にマイナスがないところが人徳あらわしてるよね)

頭と雪面の距離が全然離れなくて
重心は前後にしか動かず
切り替えで足が外に出て
板がピタっと雪面に張り付いてる滑り

でも、時代が進むにしたがって、どんどん動く選手が台頭してきた

marcel hirscher(昔の)

mattias hargin
giuliano razzoli
stefan luitz


多少上半身に無駄な動きが生まれても
切り替えでは、足を出すよりも高い姿勢を重視して(ヒルシャーは別ね)
思いっきり重心を前に押し出して、全力で板を走らせる

外人の若手
を見ても、みんな頭が上に抜けようがとにかく大きく動いているように見える
くっそ有名な動画
最近のトッポリーノ

だから、やっぱり動く方が速い!!




って結論づけられたら、簡単なんだけどね~

こちらを見てほしい。設定開始時間の一勝負に着目してね
パラレルスラローム(実はある日本人選手も映ってたり。めっちゃ体動かして走らせる練習してます)

この1レースだけ見ると、、、
必死に体落として、めっちゃ頑張って走らせてる選手より  (左)
全然動いてない選手のがダンゼン速いのである。 (右)

動くvs動かない


この対比には、コースのふり幅選手の熟練度がひっじょーに重要なファクターになっているのではなかろうか?そう考えずにはいられないのだ。

解説はまた後日にでも



にほんブログ村

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
ランキング参加中☆彡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 07:00|PermalinkComments(0)

2017年06月14日

スキー動画で釣る☆

こーいう釣りで埋まれば、世界は平和だと思うんだ、オレ
っつーわけで、ポエムなんか見る前のお試し。ほんとに使える動画が見れんのか、っていうのを実際に確認してもらおうと思う。
知ってる動画を一部あげると、まーこんな感じっすよ


ラインフリード・ヘルブスト
 フリーバリトレからのポール動画
https://youtu.be/qeyfGec4uro
かつてのスラロームチャンピオン。志賀高原での優勝、記憶に残ってる人も多いよね
ローテーションする気がしない上半身は正面のいいお手本だと思う

トーマス・ファナラ フリー
https://youtu.be/WhNeRkLpgfw
2015~16シーズンに念願の初優勝をあげたGSスペシャリスト。
去年は途中でけがしちゃったけど、神7は伊達じゃない
まじで腰たっけー。スタンスはわりと広めなんだけど、腰は高いんすよね。
つうか、雪煙の立たなさもぱねぇ

ポールにはいるとこんな感じ
https://youtu.be/Gi8kDXGVDs8
こんな感じじゃねぇよ!!どーいうラインどりしてんだよ、R35だぞ笑

マシュー・フェイブル ポール
https://youtu.be/AtoJAZuKHXY
昨シーズン地元Valdi'sereで初優勝。緩斜の鬼。後半の滑らせ方が尋常じゃないお方。
この動画の時期から、フランス選手のラインどりはほんとにオカシイ…そして、2016~17シーズンからみんな頭おかしくなる(最高級の褒め)のである…特にalexis、、、あなたが一番ワケガワカラナイ

ロベルト・ナニ ポール
https://youtu.be/AtoJAZuKHXY
イタリアgsスペシャリスト。R35になってから一気に駆け上がってきた注目の若手選手
去年は初戦でやらかしてから、ラインに自信なくなっちゃって、すごい消極的になっちゃって、、、ヨヨヨ
でも、2015~16シーズンの滑りのうまさ、積極性はピカ一!!
前に滑らせていく動きポジションの高さスタンスの狭さ傾きラインどり
カッケー、MAJIDE☆

ひとまずこんな感じで。
こんな感じで、うもれている動画サルベージしてこーとおもう
ま、次からはポエムが前にどっさり来るんだけどね笑

        / \  /\  キリッ        
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \



にほんブログ村

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
ランキング参加中☆彡


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 23:02|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • 【安藤麻おめでとう!!】女子ワールドカップ開幕戦--二本目を振り返る--
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 内スキーはキレる、、、けども?
  • 内スキーはキレる、、、けども?