松岡修造

2017年08月18日

松岡修造ジュニア時代の屈辱から学ぶコーチング

誰でも知ってる松岡修造さん

ソチオリンピックでは、ロシアに上陸した瞬間、気温が10℃代まであがったなんて話もありましたね笑

そんな松岡さんですが、選手時代は相当な逆境の中戦っていたのは有名な話

例えば、有名な話ですが

・ジュニア時代、才能のあった兄と常に比較され、コーチは兄にばかり熱心に指導
・確か、全中で優勝したときには、海外の有名選手が優勝した自分には見向きもせず、才能豊かな準優勝選手とばかり熱心に話していた

などなど、他にも挙げだしたら止まらないほどの逆境を心の強さで乗り越え、あれだけの偉業をなした尊敬すべき人ですよね~

さて、今回はこの話から、コーチの在り方について考察してみようと思います

上のテニスのコーチ、鬼畜ですよね

残酷な方々ばかり、、、しかし、それだけ将来伸びる芽かを見極める力があるということ

成績に関わらず、、、です

松岡選手は、心が誰よりも一級品だから跳ね返せましたが、ご本人も認めるように、実は素質はなかった(だからこそ、尊敬なんですけどね)

これ、アルペンスキーだとどうなんだろ?ってふと思いました

ジュニア時代から成績だけで判断し、指定強化選手の選考や、よい備品の提供などをされています

でも、、、結構みんな途中で伸び悩みますよね

小学から強化して高校まで続く選手って、すっごく少ない

対して、海外だと、U14・U16の成績は参考程度

むしろ、タイムではなくどんな滑りをしているかで判断している

アメリカのskills questなんて、まさにこういった考えの体現ですよね

才能の芽・伸びる技術か否か、それを見極められるようになるってとても大事なんだなと

ふと、思いました

今日の動画


苗場ワールドカップ前、ノルウェーチームの調整練習です

調整なんで、みんな流してゆっくり滑ってる。

動きを正確に、丁寧に調整。ミスっても、無理してはいらない。

まさにアップって感じの滑りです

簡単そう?いえいえ、混ぜてもらってる日本人の子たちをみてください・・・はい、ゲキムズです

バーンはあり得ないぐらい硬い、ふり幅もおかしい

こんなコース、セットがアップ・・・やばいっすよね

苗場を見に行った時、一足はやくいって、アップを見てきました

外国人選手、楽々と滑ってきます

日本人選手、二本目以降どんどん吹っ飛ばされていく。掘れただけでやられてしまう

ちらっと聞こえてきました「ムズイっすね」

決して、日本人選手が下手なんじゃない。ナショナルチームはめちゃくちゃ上手い

ただ、WC選手たちが異次元過ぎる・・・やばいっすよ、あの人たちは

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 07:00|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • 【安藤麻おめでとう!!】女子ワールドカップ開幕戦--二本目を振り返る--
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 内スキーはキレる、、、けども?
  • 内スキーはキレる、、、けども?