考察

2017年07月15日

世界選手権から見るマルセルヒルシャーの弱点

くぅ・・・今後ブログで使おうと思ってた動画を他の方があげてて結構悔しい><

その動画がこちら
Luca Aerni vs Marcel Hirscher (St. Moritz - February 13, 2017)  

合成動画の時間から再生させてますけど、ヒルシャー実は最近よくこのパターンで負けます

最後の急斜面から緩斜面でのつなぎここよくサボるんです笑

去年同じSt.Moritzでのワールドカップで、同じつなぎのクローズでアンドレミラーに負けてますし、
2015-16 St.Moritz ヒルシャーからミラーまで連続でどうぞ~

今年の最終戦もこのパターンでまさかの四位に><
Slalom Herren - Aspen 2017   またもやミラーになんですよね~

しょうがないんですけどね~、なにせ、ヒルシャーは毎レース勝たなきゃいけませんから
一発最高の滑りをして勝ちにくる選手とは負っていいリスクが違いすぎるんですよね

だから、だれよりも速くまっすぐ攻めれる滑りで、簡単なところでタイムを稼ぎ難しい所・リスクのあるところはコントロールして滑ってくる
Marcel Hirscher 2nd run SL WC Schladming - 2nd place  

この調節がなまらうまい

ただ、最近コントロールしすぎちゃうことがちらほらと
・・・よくあるのがこの急斜面から緩斜面につなげるクローズんとこ

他の選手がヒルシャーの予想以上に攻めてくるんですよね~
ぶっちゃけヒルシャーの弱点というよりは、他の選手の攻めが素晴らしいと思いますね~

ま、だからこそ世界選手権SL本番は、逆にこのセクション鬼攻めしてきて、ダントツ一位でしたね~
Marcel Hirscher - St. Moritz WM Slalom 1st run         

やっぱり、純粋な実力ではクリストファーセン以外に敵なしなんでしょうね。

30歳まで連覇しそう笑


にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 18:38|PermalinkComments(0)

2017年07月06日

たわみによる走りって結局…


たわみによる走りって結局、こういうことっすよねたぶん。
imageimage
決して、上から押してたわんでる分走るんじゃなくて

たわんだ前半部分からスキーのスピードに押されて、後ろに縮まされて
image
それを開放すると 、詰まってたぶんが前に進む感じ
image
絵が汚いのはご愛敬(笑)

だから、ただ上から圧をかけるだけじゃあんま走んなくてトップからテールまでつかって、後ろから前に押し込んでかないと、走りは生まれない

んで、トップが柔らかいと曲がりやすくて、テールが硬いと走りが強くなるって話は、

もちろんトップがしなやかだと簡単にたわんで曲がりやすくなるし、テールが硬いとトップを前に押し込むための土台になるし、硬いバネの部分が縮まないと強い力生まれないしってことだと思うんすよね。テールも柔らかいと、力逃げちゃうし。

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 07:00|PermalinkComments(6)
ギャラリー
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • 【安藤麻おめでとう!!】女子ワールドカップ開幕戦--二本目を振り返る--
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 内スキーはキレる、、、けども?
  • 内スキーはキレる、、、けども?