WCレーサー

2017年08月24日

【内傾角】WCレーサーはここまで傾ける!!-日本人選手編-【佐々木明】





今回の内傾角シリーズは、日本の宝、佐々木明選手!!

いやはや、なぜトーションの弱いパウダー用のスキーで、整地の中緩斜面をここまで傾けるのか?笑

スキーの外側への押し出し方と、一瞬で下がる重心移動が可笑しすぎる(誉め言葉)

おかげで、フリーライド用の板なのに、板がバネのように走る走る!!

そして、相変わらずキレッキレのバックスキー・・・うんまいなぁ・・・

昔からフリーライド系の遊びもトコトンやりこんでいた佐々木明選手。

競技スキー一筋じゃない選手の方が、良い成績でたりするんですよね~

前も書きましたけど、アメリカスキー連盟の

「偉大なアルペンスキーヤーである前に、偉大なフリースキーヤーであれ」

体現してる選手が、日本一の宝ってのがすごいっすよねぇ


今日のアルペン動画「佐々木明 <競技時代のフリースキー> 」



競技時代のフリースキー、、、いやもう、エッジングの鋭さと、あまりにも短い踏み込みから、一瞬でたわみと走りを引き出すバネのような動きには脱帽ですね・・・

半端ねぇ・・・

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 07:00|PermalinkComments(0)

2017年08月08日

ティナ・ワイラター選手の最新フリースキー動画



以前、内傾角の動画でご紹介したティナ・ワイラター選手の今年のフリースキー映像

やっぱり、めちゃくちゃ傾きますね

そして、シュプールを見てください!!めちゃくちゃ三日月です!!外足を押し出してたわませて、走らせて体の下に戻す。だから、硬いバーンでも切れるし、すごい走りが生まれる

ポジションが大事といわれる高速系選手でもやってることなんですよね。基本中の基本

パラレルターンだけじゃ問題だと思うんすよね~

ではでは~また今度


にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 07:00|PermalinkComments(0)

2017年08月07日

【リクエスト】ベンジャミンライヒのフリースキー【動画】



上手い!!さすが、アルペン大国オーストリアを引っ張ってきた大エース

外向から外向へ、外足から外足へ。long ouside legと short inside leg。hip angulationとinitiation。それらを誰よりも強くはっきりとやってるから、これだけの傾きと走りを生み出せてるんですよねぇ、、、

このコース見る限り斜度ないんだけどなぁ、、、すげぇ

ベニーの滑り好きだわ

ついでに、動画の後半にはテッドリゲティや他のオーストリア選手のポール映像もあります。そちらもみてね~

ではでは~

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 07:00|PermalinkComments(0)

2017年08月06日

シェーレンってほんとにダメなの?②【三日月型のシュプール】

alexis
シェーレンはほんとにダメなのか?続き!!

以前、ある記事でこんな動画をあげたこと、みなさん覚えてますでしょうか?



外国人のアルペンスキーヤーは、両スキーを平行に進めません

むしろ、外スキーが三日月を描くようにシュプールを描くのです

あ、ずらしてるわけではありませんよ?フルカービングです

こちらのワールドカップスキーヤーのGSを見てみましょう




お判りでしょうか?両スキーが平行な競技スキーヤーなど誰一人いないのです

なぜか?

それはターン前半からスキーをたわませるために外スキーを外側に押し出し、ターン後半は押し出したスキーのたわみを開放することで自動的に走らせてターンさせているからだと思うのです

つまり、重心を下げた結果、伸ばしたまま耐えている外足が外側へ押し出されて、
外スキーに強い圧をかけることができる

そして、それだけ強い圧をかけないと、ワールドカップの硬いアイスバーンを掘ることはできないんですね

こんな動きをしなきゃいけない


1:20ごろからご注目。カナダの選手は、9歳までは膝の返しは使わせず、上下動だけで切り替えさせます。それでもこれだけの傾きを作れるのは重心を下げながら思いっきり外足をターン外側に押し出すことができるから

もちろん、ただ横に押し出すのではありません。後ろから前へ掘りながら押し出すのです

この意識


この足の意識があるから、徐々に外スキーの方が内スキーよりも深回りし、ターンマキシマムでは外スキーの方が内スキーよりも曲がったㇵの字のようなフォルムにつながるのです

そういう視点で世界で活躍している日本人選手を見てください。全然評価がかわります

湯浅直樹-PISRAB-


皆川健太郎フリー(45秒から注目)


佐々木明(わかりづらい方。何せエッジングが鬼短いので)


パラレルターンは、競技ではダメだと思うんです

外足に乗れているだけで、押せてはいないのではないでしょうか?

さて、では改めて疑問が生まれます

「ダメなシェーレンもいっぱいいると思うんだけど?」

います!!結構います!!

僕もです!!爆

不正解なシェーレンと正しいシェーレン、この違いを次回の記事では考えていこうと思います~

今回の記事に関しても、もちろん反対意見とか、個々人それぞれ意見があると思います。

ぜひぜひコメント欄にでも~議論お待ちしてます

ではでは~また今度

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 07:00|PermalinkComments(2)

2017年08月04日

【リクエスト】WCレーサーはここまで傾ける!!女子編【動画】

今回はリクエストその2です!!

有名すぎる動画ですが、女子選手でもめちゃくちゃ傾いている動画があるのでそちらを

Super fun with Tina Weirather ! 
 

女子高速系WCレーサー、ティナ・ワイラター!!

そう、スラローマーではありません。スーパーGやダウンヒルの選手です。

それでも、これだけ傾けるのがWCレーサーなんですよね。

去年のスーパーG種目別優勝者です。高速系の滑りはこちら

Tina Weirather wins SG Women - FIS WORLD CUP FINALS - Aspen  

海外の選手はlong outside leg , short inside leg で傾きを作るのがすごく上手い。

ステルステックを作った大学の研究でも、この傾きを作る速さが指摘されてましたね~

でも、確かに技術系選手の小回りではないんですよね。

ターン後半までがっつり踏み込んでいる。前回紹介したアダム・ザンパ選手の滑りと比べると

Adam Zampa Carving Горнолыжный инструктор в Австрии Китцбюэль  

技術系のザンパ選手は後半に板の走りで曲がっているのに対し、

ワイラター選手は最後まで踏み切って曲がってることがわかると思います

傾けばいいってものでもないですよね~

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
いい記事だったなと思っていただけたらぽちっと押してください。励みになります!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yt_love_alpineski at 07:00|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • インラインで練習すべきこと④「インラインは走らないってほんと?」
  • 【安藤麻おめでとう!!】女子ワールドカップ開幕戦--二本目を振り返る--
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 【祝】女子ワールドカップ開幕戦「安藤麻選手、二本目初出場確定!!」
  • 内スキーはキレる、、、けども?
  • 内スキーはキレる、、、けども?